ポンジスにLINEを送る

【投資知識】移動平均線を投資家ポンジスが見方・使い方・勝ち方など簡単解説!初心者は絶対チェック!

FX投資をやっていくうえで絶対に知っておくべき移動平均線を投資家ポンジスが簡単にまとめたよ!

FX投資初心者の人はこれを見ればFXをやるうえで知っておくべき移動平均線の基本知識が身につくから絶対チェックすべき!

既にFX投資を始めてる人やガンガン利益を出してる人もおさらいのつもりでチェックしときー

それじゃあ早速解説していくよ!!!

移動平均線とは?

移動平均線とは、ある一定期間の株価の平均値をグラフ化したもの。

平均値を取る期間によって、日足なら5日線、25日線、75日線、週足なら13週線、26週線など、複数の移動平均線を同時にチャート上に表示して使用する。

株式相場・外国為替相場・金相場など様々な金融商品の動きを一つの流れとして捉えることができる、もっともポピュラーなテクニカル分析の手法の1つだ!

ポンジス

俺も移動平均線はよく使う分析方法だ!

移動平均線の使い方

移動平均線は、投資家の心理状態が秘められていますので、しばしば重要な節目となる。

例えば、強い上昇が続いている場合、投資家の心理状態としては「できれば安いところで買いたい」と考えている人がほとんどだ。

そのような心理状態のなか、過去に5日移動平均線まで下げると、決まって上昇する動きが頻繁に見られていたとすると、5日移動平均線まで我慢し、この水準で買いに動く人が多くなる傾向がある。

つまり、結果的に、5日移動平均線が心理的な重要な節目となるわけだ。

こうした効果を持った移動平均線を「支持線サポートライン)」と言う。

一方、この逆で、その水準に達すると上昇が止まる効果を持った移動平均線を「抵抗線レジスタンスライン)」と言う。

ポンジス

略してレジサポラインなんて呼んだりもするぞ!

支持線を突き抜けた場合

支持線サポートライン)」として期待されていた移動平均線を価格が割り込んでしまうと、「もっと下がるかもしれない」という不安感が強まり、一気に下がる可能性がある。

ポンジス

売りが強くなるわけだな

抵抗線を突き上げた場合

抵抗線レジスタンスライン)」として意識されていた移動平均線を価格が越えると、「視界良好」といった見方につながり、上げ幅を拡大する可能性がある。

ポンジス

買いが強くなるわけだな

期間の違う移動平均線による売買シグナル

移動平均線には複数の期間のものを組み合わせることにより、重要な売買シグナルを判断することができる。

その一つに“ゴールデンクロス買いシグナル)”と“デッドクロス売りシグナル)”がある。

見分け方は期間の短い移動平均線が、期間の長い移動平均線を上に越えるとゴールデンクロス

反対に期間の短い移動平均線が、期間の長い移動平均線を下に抜けるとデッドクロスというシグナルになる。

ゴールデンクロスは下落のあとに出る現象だ。

期間の長い移動平均線は、下落する以前から買っていた人が多いため、売りたいという重りがあるといえ、期間の短い移動平均線が越えてくるということは、この重りが除かれたということで、上がりやすくなる。

反対に、デッドクロスは上昇のあとに出る現象だ。

これまで安心して買っていた人の価格を、短期間で割り込むことにより、下がりやすくなる。

ポンジス

移動平均線の基本的な使い方はこんな感じだ!

まとめ

移動平均線の基本的な知識や使い方はわかったかな。

移動平均線は分析方法のなかでも最も簡単でポピュラーなものだけど、一番奥が深いものと言っても過言じゃない!

まずは今回の基本知識だけでも絶対にマスターして自分の投資に活かしてくれ!

ポンジス

FXの基本用語やテクニカル分析・ファンダメンタル分析なんかも別の記事でまとめてるから見てみてくれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です