ポンジスにLINEを送る

【投資知識】【トレンド系】MACDを投資家ポンジスが見方・使い方・勝ち方など簡単解説!初心者は絶対チェック!

FX投資をやっていくうえで絶対に知っておくべきMACDを投資家ポンジスが簡単にまとめたよ!

FX投資初心者の人はこれを見ればFXをやるうえで知っておくべきMACDの基本知識が身につくから絶対チェックすべき!

既にFX投資を始めてる人やガンガン利益を出してる人もおさらいのつもりでチェックしときー

それじゃあ早速解説していくよ!!!

MACDとは?

MACD(移動平均収束拡散手法)は短期の移動平均線と中長期の移動平均線を使用することで、買いと売りを判断する手法だ。

ポンジス

MACDはテクニカル分析のトレンド系に該当する!

ここで使用する移動平均線は通常の単純移動平均線と異なり、新しい価格のほうがより影響力が高いという考えから、新しい価格の比重を高めて計算されている。

MACDは基本となる線(テクニカル名と同じMACDという線)と、MACDの移動平均線であるシグナルと呼ばれる2本の線の推移でマーケットの判断する!

MACDの使い方

  1. 基本となる線である「MACD」が下向き(右肩下がり)で、その移動平均線「シグナル」が「MACD」より上にある時、相場は弱いと見る。
  2. その後、「MACD」の調整がなだらかになり、「シグナル」を上抜けるとゴールデンクロスといって買いのタイミングだ。
  3. 「MACD」が上向き(右肩上がり)で、「シグナル」を上回っている時は相場が強いと見ます。その後、「MACD」の上昇がなだらかになり、「シグナル」を下抜けるとデッドクロスといって売りのタイミングだ。

MACDの特徴

MACDは、ゴールデンクロスデッドクロスといった「買い」と「売り」を判断させるタイミングが単純移動平均線と比べて格段に早くなる。

ポンジス

MACDは相場の転換をより早く判断するのに有効だ!

グラフの数値に「0(ゼロ)」がありますが、買いのタイミングとなった後に、「MACD」と「シグナル」がともにゼロ水準を上回れば、より信頼度が増すぞ。

反対に、売りのタイミングとなった後に、ともにゼロ水準を下回れば、これもより信頼度が増す!

まとめ

MACDの基本的な知識や使い方はわかったかな。

テクニカル分析のトレンド系の中でも比較的使いやすい分析方法だ。

まずは今回の基本知識だけでも絶対にマスターして自分の投資に活かしてくれ!

ポンジス

FXの基本用語やテクニカル分析・ファンダメンタル分析なんかも別の記事でまとめてるから見てみてくれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です