ポンジスにLINEを送る

【投資知識】【トレンド系】ボリンジャーバンドを投資家ポンジスが見方・使い方・勝ち方など簡単解説!初心者は絶対チェック!

FX投資をやっていくうえで絶対に知っておくべきボリンジャーバンドを投資家ポンジスが簡単にまとめたよ!

FX投資初心者の人はこれを見ればFXをやるうえで知っておくべきボリンジャーバンドの基本知識が身につくから絶対チェックすべき!

既にFX投資を始めてる人やガンガン利益を出してる人もおさらいのつもりでチェックしときー

それじゃあ早速解説していくよ!!!

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは1980年ごろに、アメリカの投資家ジョン・ボリンジャー氏が考案した指標で考案者の「ボリンジャー」の名を冠した分析方法だ。

ボリンジャーバンドとは、統計学を基にして相場を分析するテクニカル指標。

相場のボラティリティ(変動性)を一定期間のデータから測定することで、今後の価格変動範囲を予測するのが特徴だ!

ポンジス

ボリンジャーバンドはテクニカル分析のトレンド系に該当する!

ボリンジャーバンドの使い方

ボリンジャーバンドは「+2σ」「+1σ」「移動平均線」「−1σ」「−2σ」という5つの線、さらに「+3σ」と「−3σ」を加えた7つの線(バンド)で構成され、このσ(シグマ)という標準偏差を基にして計算が行われる。

+1σ〜−1σのライン内に収まる確率:約68.3%

+2σ〜−2σのライン内に収まる確率:約95.5%

+3σ〜−3σのライン内に収まる確率:約99.7%

ポンジス

これらの数値を参考に現在のレートを確認することで、相場の動きを予測することが可能だ!

ボリンジャーバンドの種類

スクイーズ(収束)

バンドの幅が中央の移動平均線に近く、狭まっている状態のことを指す。

値動きが小さい状態が継続していて、その後に大きなトレンドが発生する可能性がある。

エクスパンション(拡大)

バンドの幅が広がりつつある状態で、一般的には強いトレンドの発生~継続の可能性ありと判断される。

スクイーズからエクスパンションに移行するのが通常で、この状態では順張りでポジションを建てる人が多くなる傾向にある。

ポンジス

ボリンジャーバンドの基本的な使い方はこんな感じだ!

まとめ

ボリンジャーバンドの基本的な知識や使い方はわかったかな。

テクニカル分析のトレンド系の中でも比較的使いやすい分析方法だ。

まずは今回の基本知識だけでも絶対にマスターして自分の投資に活かしてくれ!

ポンジス

FXの基本用語やテクニカル分析・ファンダメンタル分析なんかも別の記事でまとめてるから見てみてくれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です